山元町社会福祉協議会・やまもと復興応援センター
山元町社会福祉協議会・やまもと復興応援センター

「ボラサポ」と「のサポートを受けています」の回転(助成決定団体用)

宮城県、山元町復興募金作品【心声―ココヘ―】 ※収益は町への復興支援に
宮城県、山元町復興募金作品【心声―ココヘ―】 ※収益は町への復興支援に

 ほほえみみやぎtwitter

2013年

11月

01日

10月の活動報告

 今回の台風被害により被災された伊豆大島の方々に心よりお見舞いを

申し上げると共に、犠牲になられた方々に、哀悼の心を捧げます。

 まだ行方不明の方々の無事を願うととともに、

早く見つけて下さることを祈っております。

早期の復興を願ってやみません。

 

 

 10月中旬から山元町社会福祉協議会様との連携で、町内宅地跡の

「雑草除去作業」が本格化しています。

以前までは社協にて取りまとめて作業を行っていたとの事ですが、

今回からは「ほほえみみやぎ」で作業を続ける事になりました。

刈り取った雑草は町清掃センターに搬入しますので、作業後の宅地跡は

見違えるほど綺麗になります。

作業を行っている宅地跡の所有者さんのほとんどは町外、県外で暮らされてる方も多く

遠方より以前生活していた山元町を思い、作業を依頼して下さっているものと思います。

11月に入ってからも依頼件数は増えるものと思います。

来年度もこの作業は継続して続けて参ります。

「ガレキ」類も相当な量が出てきますので、今後の撤去作業も予定しなければなりません。

ボランティア活動への参加も募集しております。

 

 

10月5日(土)

山元町山下駅前広場「花釜秋まつり」

尼崎医療生協さん主催、宮城県柴田町の「虹の架け橋復興支援センター」さん

「花釜区」からのご依頼を頂き、ブース出店をさせて頂きました。

地元のお祭りを盛り上げるべくもはや定番となった「やきそば」「やきとり」

を焼いて提供させて頂きました。

多少の降雨もありましたが、準備していた食材は昼前には完売してしまい、

予想を超える数の方々が集ってくれたようです。

久しぶりに子どもたちが走り回る「地域のお祭り」を存分に楽しませて頂きました。

企画、実行して頂いた医療生協さん、虹の架け橋さん、地元「花釜行政区」新区長さん。

ありがとうございました。

10月20日(日)

宮城県柴田町

「みやぎ県南医療生協健康まつり」

山下駅前でお世話になった柴田町「虹の架け橋復興支援センター」さんのご厚意により、

ブース出店をさせて頂きました。

震災直後から、山元町の復興支援にご尽力されている「虹の架け橋」さんでは、

お祭り中のMCでもほほえみみやぎの前身の拠点だった「居酒屋源さん」を紹介して頂き、

さらに山元町から「花釜音頭」のおかあさん達の出演があったりで、

震災から2年半以上経過した今でも、山元町を含めた被災地に思いを寄せて頂いている事をありがたく感じました。

あいにくの大雨ではありましたが、集った1000人以上の柴田町の方々に声をかけて頂き、

「やきとり」や「チキンステーキ」など、ほぼ完売させて頂きました。

「虹の架け橋復興支援センター」様、柴田町の方々、ありがとうございました。

 

 

 

 

「ほほえみみやぎネット」本部トイレ水回り工事

 

10月初旬より、解体せずに残した建物の一部を改築し、

トイレを設置する工事に入りました。

これは「わかば基金」さんのご支援のもとで行われています。

11月中には完成する予定です。

 

最後にご報告、おしらせです。

 ほほえみみやぎネットは、今まで「任意団体」として活動してきましたが、

(前身の「源ボラ」からは実に2年3ヶ月・・・)

10月18日を以って「(非営利型)一般社団法人」として登記しました。

 

「東日本大震災後からの山元町内を中心とした個人としての災害ボランティア活動
を通じ、その活動の趣旨、精神を未来へ引き継ぐ。」

という大きな目標に向かって進むための一つの「手段」であり「節目」でもあると思っています。

今後も山元町のひとつの拠点として、変わらずご支援頂きますようにお願い致します。

 

来月。11月22~23日には北海道夕張市出身のミュージシャンの方々を

お招きし、

町内数カ所でミニライブを行います。

「山元町にライブハウスを!」と計画している町民の方の考えに賛同し、

その初めての企画として動き出しています。

町民の方々、遠方の方々もぜひこの機会に足をお運び下さい。

詳細はトップページにも掲載しております。

 

ほほえみみやぎプレハブ事務所・・・
ほほえみみやぎプレハブ事務所・・・